2013年02月04日

白斑はここまで治る



刊行によせて
[はじめに] 白斑治療が、変わる!!
PART1 白斑先生に聞く《白斑Q&A》 一からわかる皮膚病「白斑」のイロハ
Q1 白斑とはどんな病気ですか/Q2 白斑が治る可能性は?/Q3 なにが原因で白斑になるのでしょう?/Q4 もし、白斑になったら…
PART2 白斑先生の症例研究 よくわかる白斑の光線療法の実際
白斑先生の治療室を覗いてみるのが判りやすい
【症例1】Aさん 79歳男性/汎発型尋常性白斑 ナローバンドの単独療法で皮膚の色が戻った!
適正光量が光線療法の決め手/通院が生きがいに
【症例2】B子ちゃん 14歳/汎発型尋常性白斑 幼少期からの白斑に治癒への希望が
家族とともに苦しんだ6年間/14歳の女の子に勇気付けられて
【症例3】C子さん 25歳女性/限局型尋常性白斑 メル療法で始めて改善した
効果ゼロの落胆/14年目の三度目の挑戦
PART3 白斑先生の治療法講座 白斑の光線療法の現状を知ろう
PUVA(プヴァ)療法の限界/PUVA療法からナローバンド療法へ/いま、どんな白斑治療が行われているか/低量ナローバンド療法で可能になったこと/最適光量の照射が最重要ポイント/三分の一の白斑にナローバンドが効かない!
PART4 白斑先生の「白斑治療はこう変わる!」 最新「ターゲット光療法」の可能性
これから普及するメル療法/待ち望まれる照射装置の国産化/白斑の光線療法の主流は「メル」へ/3ヶ月以内に80%の確立で色素再生がはじまる!/メルの優位性を示す数々の症例/まだまだ難問が山積みしている
あとがき

posted by 光線療法 at 12:35| フラッシュ光線療法

ステロイドはもういらないアトピ-の治し方



まえがき

 アトピー性皮膚炎は原因、増悪因子が多様で、さらに症例ごとの症状の違いが大きいという特徴があります。患者さんの生活環境の変化や加齢により、症状もどんどん変わってゆきます。乾燥皮膚(肌)、アレルギー体質、環境因子、食物、ストレスを含めた心身症、感染症など様々な因子が、それぞれ多い少ないはあるにせよ発症や増悪に複雑に絡んでいます。
 そのため、治療をするにしてもあれが効く、これが効くという決定的な治療法はなく、原因と考えられるものそれぞれに対して同時にいろいろな方向からの治療を行う必要があります。
 さて、ステロイド外用剤の使い方について、最近、多くの患者さんたちが不安を訴えています。専門家の集まりである皮膚科学会でも意見のわかれるところですが、使いすぎや長期間の使用がからだによくないのはだれもが認めるところです。
 ステロイド外用剤を使うと、一時の改善には有効ですが、さまざまな副作用があり、繰り返し長期間使っていますと、アトピー性皮膚炎はステロイド外用剤の使用量の多い少ないに左右される依存状態になります。さらに知らず知らずのうちにアトピー性皮膚炎そのものが重症化することさえあります。
 かくいう私はアンチステロイド派ですが、まったく使わないというわけでもなく、症状によっては使うこともあります。ステロイド外用剤は安易に使うのではなく、その功罪をわきまえた皮膚科専門医の指導の下で使われる分には問題ありません。
 どんな分野でも専門家は、ややもすると片寄った、独善的な判断の枠をつくってしまい、そのなかに安住することがあります。とくにまだ評価が定まっていない事項などについてはそのような事態に陥りやすくなります。
 医療に従事する者はこのような危険性があることをよく認識して、常に平衡のとれた判断ができるようにしなければなりません。アトピー性皮膚炎に対するステロイド剤の適用などもその例でしょう。金科玉条のごとく、どんなことがおこっても、なにがなんでもステロイドは絶対使わないのだとがんばるのは考えものですし、なんでもかんでも第一選択だとどんどん使うのも問題です。
 アトピー性皮膚炎治療の基本はステロイドの使用を極力抑えて、スキンケアの励行が基本です。スキンケアには皮膚の保湿と清潔に保つという二種類があります。この両者を上手に用いて治療することによって、難治性のアトピー性皮膚炎も薄皮を剥いでいくように徐々に治っていくものです。同時に一番大切なことですが、「かならず治るのだ」と勇気づける患者さんへの心のケアが必要であることはいうまでもありません。
 また、アトピー性皮膚炎は治療が難しく、経過が長くなるため、どうしても皮膚科専門医以外の指導による民間療法がもてはやされがちです。あれやこれやの、妙な治療法に飛びつくのではなく、皮膚科専門医のきちんとした指導の下で、アトピー性皮膚炎の治療を受けることが大切です。
 本書では、混沌とした状況にあるアトピー治療の現実に対して、私自身のアトピー性皮膚炎の治療経験から得た知識と診療法をわかりやすく紹介し、スキンケアの重要性を解説しました。難治性のアトピー皮膚炎、とりわけ成年期のアトピー性皮膚炎に苦しむ患者さんの参考になれば幸いです。

 一九九八年一〇月末日
藤澤皮膚科院長 藤澤重樹 

 『ステロイドはもういらない アトピーの治し方』・もくじ
 まえがき
 第1章 アトピー性皮膚炎とは、どんな病気か?
1 アトピー性皮膚炎の歴史 
2 アトピー性皮膚炎と遺伝 
3 アトピー性皮膚炎の原因は 
4 アトピー性皮膚炎の型(タイプ)別分類 
5 アトピー性皮膚炎の診断基準と他の皮膚炎との区別 
6 アトピー性皮膚炎は、よくなったり、悪くなったりする 
7 アトピー性皮膚炎の症状の年齢型 
8 アトピー性皮膚炎の患者の悩み 
 第2章 アトピー性皮膚炎は必ずしもアレルギーではない
1 アトピー性皮膚炎とアレルギーの違い 
2 アトピー性皮膚炎と抗体 
3 感染症が減って、アレルギーが増えた 
4 アレルギーとはなにか? 
5 アレルギー以外の原因 
6 IgEとアトピー性皮膚炎 
7 アトピー性皮膚炎の子どもの予防接種 
 第3章 食物アレルギーと金属アレルギー
1 食物制限について 
2 アレルギーになりやすい食事のパターン 
3 食べものとアトピー性皮膚炎の予防 
4 金属アレルギー 
5 仮性アトピー性皮膚炎 
 第4章 アトピー性皮膚炎の合併症
1 感染症 
2 脱毛症 
3 尋常性魚鱗癬 
4 白内障 
5 網膜剥離 
 第5章 アトピー性皮膚炎は治る病気です
1 アトピー性皮膚炎は治る病気 
2 ステロイド剤の安易な使用、使いすぎが自然治癒を妨げる 
3 民間療法は要注意 
4 アトピー性皮膚炎の治療には、ダニ対策が欠かせない 
5 主治医と患者の信頼関係がポイント 
 第6章 ステロイド剤とは、どんな薬か?
1 ステロイド剤とは? 
2 ステロイド剤使用の危惧 
3 ステロイド剤の使用の原則 
4 皮膚科でのステロイド軟膏の使われ方 
5 私のステロイド剤の使い方 
 第7章 ステロイド外用剤の副作用とリバウンド現象
1 ステロイド外用剤の副作用 
2 ステロイド離脱によるリバウンド現象 
3 リバウンドに対する心構え 
4 だれにでもある自然治癒能力を引き出すには 
 第8章 アトピー性皮膚炎の内服薬療法
1 抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤 
2 ビオチン 
3 生菌製剤 
4 抗真菌剤 
5 漢方 
 第9章 スキンケアの実際
1 日常生活のなかでのかゆみ対策 
2 スキンケアの実際 
3 光線療法 

●体験手記 「わたしは自然治癒でアトピーを治しました」(五人の方々)
●アトピーことわざ集
●参考文献
●ステロイドに頼らずに、アトピー性皮膚炎を治療する医師たち

●藤澤重樹先生のモットー
 創意と工夫の皮膚科学の実践がモットー。パソコンを用いた統計処理が得意。単純なようで、実は複雑な多因子性疾患であるアトピー性皮膚炎を理解するには、多変量解析の知識が役立つ。アトピー性皮膚炎は一人一人症例ごとに症状、原因が大きく異なり、変化に富んでいる。ストレスを含めた心理的な問題をも洞察して、それぞれに合った対応を必要とする治療は、大変な労力が要求されるが、やりがいがある。「もう治ったね」と患者さんと一緒に自然治癒を実感するときの喜びは医者冥利に尽きる。
posted by 光線療法 at 12:31| フラッシュ光線療法

しみ取り フラッシュ光線治療



光線治療器⇒家庭用光線治療器 SANAMOA(サナモア)TYPE3



手のシミとI2PLフラッシュ光線療法 » 手のシミのフラッシュ光線療法 ...
手のシミの治療を複数のレーザーを使って治療しています。 I2PLフラッシュ光線療法を使った手のシミ治療をご紹介します。 (なお、写真は了解を得た上で掲載させていただいています。) 手のシミに長年困っている方は意外と多いものです。 フラッシュ光線療法 ... Qスイッチルビーレーザーを使った手のシミ取り. 手のシミの取り方にも色々あります。こちらでは、手の薄いシミで部分的なのでそこだけ、Qスイッチルビーレーザーでシミだけをピンポイントにレーザー治療しました。 初めの状態です。シミがパラパラと ...(続きを読む)



posted by 光線療法 at 14:12| フラッシュ光線療法

フラッシュ光線治療 沖縄



光線治療器⇒家庭用光線治療器 SANAMOA(サナモア)TYPE3



綾瀬はるかのお宝ビキニ水着
たまたま寄って下さったのだと思いますが まぁ 公文式 とか フラッシュ暗算 も含んでいるんだろうけど。 中身がない反復ってのは人類ほぼ共通で苦痛なわけで、そんなことしなくてもいいし、そもそも学習という面では意味がない。 ...(続きを読む)



posted by 光線療法 at 07:54| フラッシュ光線療法

2010年02月22日

しみとり フラッシュ光線治療



光線治療器⇒家庭用光線治療器 SANAMOA(サナモア)TYPE3



フラッシュ光線しみ治療
A:シミはおもに年月の経過や、紫外線ダメージでしみはできるものです。しみができるまでに時間がかかっていますので一回ですべてがとれるわけではありません。でも、このフラッシュ光線治療でしかできない効果があってその効果に驚かれる方も多数おられ ...(続きを読む)



posted by 光線療法 at 06:48| フラッシュ光線療法

2010年02月18日

フラッシュ光線治療 横浜市



光線治療器⇒家庭用光線治療器 SANAMOA(サナモア)TYPE3



「隠れた大人気施術 魅惑の「クリアタッチ」」|横浜都筑区の病院なら ...
当院ではさまざまな最新「美容」医療施術を行っておりますが、実は数年前に導入以来、今でも隠れた大人気施術となっているのが、ニキビの光線治療「クリアタッチ」であります。 (導入当時から大ブレイクはしないものの、導入している医療機関が ... クリア タッチはニキビ専用治療機器として、2004年アメリカで大変話題となった最新治療機器です。クリアタッチは肌に複数の波長のフラッシュランプの光を照射し、皮膚表面にダメージを与えずに頑固なニキビを短期間に解消しニキビのできにくいお肌に改善します。 ...(続きを読む)



posted by 光線療法 at 21:13| フラッシュ光線療法

フラッシュ光線治療 神奈川



光線治療器⇒家庭用光線治療器 SANAMOA(サナモア)TYPE3



【2ch】ニュー速クオリティ:一眼レフでプロっぽく写真を撮る方法とは?
ぴんとを2箇所にあわせる友達Aの顔と友達Bの顔はシャープネスでしわもくっきり他はぼかす、さざえさんの最後みたいな感じのフォーカスだね。 84 クサノオウ(神奈川県) 2009/05/04(月) 07:52:22.13 ID:cTRdvkno. デジ一眼にしてから写真撮るのが楽しくなっ た ..... プロカメラマンの撮影をよく観察してみましょう。 直接フラッシュを当てる時は、これでほんとにいいの?ってくらい弱めに主光源として使うなら、背景が夜になってしまうのはやむなしあとフラッシュ光と周りの光のホワイトバランスの違いに注意 ...(続きを読む)



posted by 光線療法 at 15:06| フラッシュ光線療法

フラッシュ光線治療 三重県



光線治療器⇒家庭用光線治療器 SANAMOA(サナモア)TYPE3



紺野あさ美が最近気づいたニガテな事
無事終了 ゴルファーでこのレーザー治療している人は結構います、ゴルフに限らずスポーツ選手には視力が良いのは必須条件みたいなものですから、幅広いスポーツで 中谷彰宏(作家) 清水圭 (タレント) 野々村俊恵(野々村真夫人) 中島常幸 (プロ ...(続きを読む)



posted by 光線療法 at 07:53| フラッシュ光線療法